会長挨拶 – 関西安陵会

ご挨拶 関西安陵会第26代会長 昭和45年卒  前島 美千枝

2018/07 /6

関西安陵会の会長を2年間務めさせていただきます、昭和26年の生まれです。女性でも仕事を持ち続けるべきと考えていた高校時代の私、今日に至っています。
昭和42年4月、大島高校に入学した昭和26、27年生まれの私達は、大島高校の歴史を変えた出来事があります。普通科360名、商業科190名の計550名が入学し、2、3年生含み在校生1500名、これは安陵学園始まっての大所帯、同年に与論分校も設立されました。
昭和43年3月、現在の第2グランドは完成しました。グランド整備のため幾度も汗をかき登ったグランドまでの坂道、未来の自分へのラブレターは、グランドの土を還暦同窓会にあっち、こっち掘り起こしたのですが、見つからず、グランドの肥料となりました。
昭和44年2月、沖縄への修学旅行は赤いパスポート、予防注射、1ドルが360円の時代の円をドルに変換、そしてドルにて買い物、全て初体験でした。また、長髪が許可され、坊主頭が毬栗頭となり、長髪までの見慣れない異性の頭は違和感も覚えました。
昭和45年3月、楽しい高校時代 大中(大高)数え歌の十番 とうとう卒業となりました、明日は去ります名瀬町を (いまでも心に染み込むこの歌詞です)大島高校を卒業。
さて、日々の生活に追われ関西安陵会の総会に参加できず、仕事と家庭と育児に費やした40代、島唄が懐かしくなった50代に多くの先輩方と関わる機会を得、今日に至っています。
関西安陵会は昭和36年設立、1990年7月に30周年記念誌発刊、テーマは<安陵魂>
先輩方のまさしく心意気、戦争を経験し先輩方の苦難な人生、夢を実現するために学びし大島中学校や大島高校での体験談等、安陵の歴史の深さと会員の層の厚さを感じ、あとがきの安陵は 吾らが 永遠の青春 永遠の心 永久の励み は私には痛烈な言葉です。
次に2010年8月50周年誌発刊、テーマは<陵友>。安陵には時代を担った先輩達が築いた歴史があります。さらに安陵の輪を拡げ、絆を深めていく意味です。私はこの編集に参加することができましたが、先輩達の凄さは制作中に知りました。この記念誌は先輩及び後輩にぜひ読んでほしい記念誌ですので、ホームページで紹介できる方法を模索します。
さて、今年の執行部は陵友の先輩そして後輩の輪を繋ぎ、拡大していきます。関西地区同期のミニ同窓会に積極的に参加、ホームページは管理者の指導下、投函できるメンバー数名で関西安陵会の活動をホームページで拡散します。更に、昨年より関西安陵会の新卒の歓迎会を開催、これは定例行事とします。更に、ハイキングや語り場など総会以外にも活動範囲を拡大、輪を繋いでいきます。
最後に私達は平均年齢65歳の執行部ですが、まだまだ身も心も若く、楽しく役目を合言葉に、2年間微力ではありますが、頑張っていきますので、先輩、後輩そして関係者の皆様、私達にご指導そしてご協力の程よろしくお願いします。

ご挨拶 関西安陵会 第25代会長 松元 弘敞

2016/05 /20

平成28年から二年任期で会長に選出されました伊仙町出身の松元弘敞(ひろあき)と申します。中学校まで徳之島で、高校三年間は名瀬で過ごし、高卒後以来50年近く大阪暮らしです。名瀬での三年間は寮生活の思い出が強く印象に残っています。寝食を共にした仲間、先輩、そして後輩とのかかわりを通して人生の基礎造りができたように感じています。仕事の経歴は主として事務畑でリーダー向きではありませんが皆さんの協力を得ながら、2年間の任期を務めますのでよろしくお願いいたします。
249名の皆さんへ役員協力のお願いしましたところ次のような結果になりました。承諾数86名、辞退数90名、未返信数62名、そして転居先不明返信数が11名です。自動継続の顧問6名を加えて、役員数計92名となりました。承諾頂いた役員92名の皆さんに感謝いたします。10月の総会に向けて心強い気持ちです。辞退された皆さんには今後ご都合や環境が整えば是非協力いただきたいと思います。また役員としては辞退でも総会への参加協力をよろしくお願いします。なお役員のいない回期については引き続き幹事募集をしますので、自薦他薦問わずご連絡をお待ちしています。
私の関西安陵会との接点は卒後八年目の昭和52年の総会参加が始まりです。来賓の龍野定一元校長や宮之原貞光参議院議員が強烈に印象に残っています。その後は仕事優先で参加は途切れていたのですが、20年を経て幹事として、さらに10年を経て副幹事長として名簿の管理を引き継いだのを機に総会参加が増えました。前任の渡会長のもとで幹事長を2年間経験し今日に至っています。
会長を引き受けた60代半ば時点で、大高卒後を振り返ってみると、節目毎の同期会開催が根底にあり、その延長上に関西安陵会の存在がありました。無関心状態から再参加するきっかけは数回開催された全国同窓会での情報だったと思います。参加することを通じて先輩、後輩のつながりへと発展し、他地区の安陵会、さらに郷友会はじめ他団体との交流も進んだと考えています。昨年「大島紬の織り美らさ」という紬を讃える新民謡に出会いました。唄にあるように安陵会組織を奄美伝統の大島紬にたとえ、同期の繋がりを横糸に、先輩後輩の繋がりを縦糸に見立て一本一本の糸をしっかりとつむぎ太く強くし、伝統的な紬の模様にちなんで安陵会の伝統を受け継いで行きたいと考えます。
会員の皆様のご健勝とご多幸をお祈りすると共に、安陵会への自主的な参加とご協力をお願いし挨拶とします。

ご挨拶 関西安陵会 第24代会長 渡   恵

2014/10 /7

関西安陵会の皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。皆様方には、関西安陵会に対して、平素より格別のご指導ご鞭撻を賜り、深く感謝いたしております。
さて、第54回関西安陵会総会・懇親会が10月5日尼崎市中小企業センターにおいて開催され、母校の屋村優一郎校長先生・丸田卯禮男安陵会会長をはじめ、ご来賓の皆様方のご臨席を賜り、多くの会員の皆様とお会いでき、楽しい有意義なひと時を過ごすことが出来ました。
今春は夢のセンバツ出場があり、選手達の健闘及ばず優勝チームに敗れはしましたが、選手の溌剌としたプレーと、奄美が一つになった応援で最優秀賞をいただいたことは、感激の極みでございました。
母校そして奄美なしで、私たちの今の存在はあり得ないという「絆」を改めて強く認識した次第でございます。
7月の安陵会本部総会に参加した際、母校を訪問、やや緊張して校門をくぐり、中庭におりますと、在校生が「こんにちは」と大きな声で挨拶し、迎えてくれました。その瞬間、何とも言えないすがすがしい気持ちになりました。
母校の教育が学力・体力(文武両道)のみならず、しつけについてもきちっと行われているのが窺われ、先生方に対し、頭の下がる思いをいたしました。
その後、校長室で屋村校長先生と丸田安陵会会長と面会し、選抜出場旗と応援最優秀盾を拝見、甲子園の感動が蘇得ると同時に、「安陵の先輩の皆さんの訪問をいつでも喜んでお待ちしています。」との校長先生のお言葉に、母校が安陵会員を暖かく迎えてくれることに、心から嬉しく思いました。奄美に帰られた際は、是非とも母校を訪問していただきたいと思います。
関西安陵会の目的は、「会員相互の交誼を親密にし、その向上と母校の発展をはかる」ことにあります。
今回の総会に際し、多くの会員の皆様から、会費及び寄付金を戴きました。
皆様の志を母校の発展に役立てていただくために、助成金を贈呈いたしました。とともに関西安陵会の健全な運営のために活用してまいります。本当にありがとうございました。
微力ではございますが、役員一同、会員の皆様のご指導・ご協力をいただきながら、その目的に向かって頑張ってまいる所存でございます。
来年の総会は、10月4日(日)に予定しております。多くの皆様とお会いできることを心から楽しみにしております。

ご挨拶  第23代会長 先山 和子

2013/11 /26

第53回関西安陵会総会が、多くのご来賓のご臨席を賜り、会員と共に奄美群島日本復帰60周年記念総会として開催できますことを大変うれしく思います。ご多忙の中のご臨席と協賛広告、誠にありがとうございました。
 本日の講演は奄美の多くの方々にも聞いていただきたく会員以外にもご案内いたしました。
 この貴重な講演を通して、私たちが平和の有難さを感じ、私たちの使命について考える機会にし、故郷への思いを込めた総会、先輩方への敬意と感謝を込めた総会になればと思います。
 復帰60周年記念の年に4回卒の先輩方(兄の同期)とのご縁により、座談会や講演が実現し、貴重なお話を伺う機会が得られました。先輩方には真夏の暑い中での座談会や校正にご協力いただき、おかげさまで、当時をしる資料を作成することができました。心より感謝申し上げます。
 さて早いもので、現執行部もお陰さまで任期満了を迎えます。
 この2年間の抱負として取り上げた内容は昨年の総会冊子の挨拶で申し上げていますが
執行部のながれ、2、総会の栞と会報、3、広報部と文化部について、執行部会、幹事会で検討しながら実現いたしております。引き続き、次期執行部でより充実させていくことを期待します。
 特に、郷土会でも同窓会でも、会長選出は悩みの種ですが、私が会長就任と同時に取り組み、訴えてきたのは、組織の流れをつくることでした。
 現執行部にはこれからの10年間、5期にまたがって中心的になってもらえるだろうという方々に加わっていただいております。同期会に顔をだし、仲間と前向きに語り合うことが好きで、母校に対し思いがある方々です。幹事には、17回期、18回期を増やしました。仲間の結束が必要だったからです。
 還暦を過ぎ、仕事をリタイヤすると故郷の仲間や同級生との交わりが盛んになります。新たな何かを求める時でもあります。同窓会活動が中心的にできる時期です。
 私たち17回期がちょうど、そういうタイミングでした。
 還暦同窓会でグッと、距離が縮まり、会長になった私を同期が支えてくれています。関西だけではなく関東や奄美の仲間も応援してくれ、同期の仲間をこれほど力強く、有難く感じたことはありません。
 執行部、幹事の皆さんはいろいろな職種、幅広い年齢層で占めており、運営する中でたくさんの気づきと発見がありました。数えきれないほどの出会いがありました。喜びと感謝でいっぱいです。
 が、私自身、会長として全力投球できるのは2年が限度だと思います。
 惰性や慣れですることができません。
また、2期、3期と会長を続けることは、次に会長をできる人の時期を逸してしまいます。
 先輩方に敬意を払いながら、安陵会の品位と伝統を失わず、新鮮さと活気を求めて、より若い回期に引き継ぎ、参加しやすい同窓会と執行部の流れをつくって次期回期にバトンを渡します。
 先輩の皆様、温かい励ましありがとうございました。後輩の皆さん、次、よろしく!
 41年卒17回の皆さんありがとう!
ご来賓の皆様と会員の皆様のすべての方に心からいっぱいの感謝を込めて
    あ り が と う ご ざ い ま し た。

ご挨拶  先山 和子(第23代会長)

2013/11 /26

平成24年10月

先山 和子(第23代会長)

集中豪雨、酷暑と厳しかった夏が去り、季節は移ろい、収穫の秋、恵の秋、心地よい風が吹く秋を迎えました。
 そして、例年通り、多数の御来賓、会員も皆様、大中の先輩方が大切に交流された白百合会の皆様にご臨席いただき、第52回 関西安陵会総会が開催できますことを大変 嬉しく心より感謝申し上げます。
 昨年は、母校の創立110周年、そして関西安陵会の50周年記念誌“稜友”の発行など久野会長中心に全国安稜会との交流が行われた年でもありましたが、安稜会を愛し、世話をしてきた尊敬する先輩や仲間が体調を崩し、次々と去っていき、とても寂しい年でもありました。
 そのような中で前執行部は役員の若返りやホームページを立ち上げております。
 私たち新執行部は前執行部の思いを大切にしながら、会の発展の為に、知恵を出し合い充実させたいと思います。
 今後2年間の抱負を申し上げます。
1、 執行部の流れを 近い回期で繋ぎ、安稜会を盛り上げ、次にスムーズにバトンタッチできる仕組みを作りたいと思います。
今、団塊世代の仲間は退職し、少し時間と経済的に余裕がある時です。
2年後、4年後、後輩たちが次々と退職します。
それぞれの回期の持ち味を発揮しながら安稜会を運営してほしいと思います。
2、 総会の栞と会報を一つにします。
内容の充実と費用の問題からです。
内容は会員皆様の協力と執行部の方向付けが左右するでしょう。
費用は会の全体支出の面から検討、改善していきます。
3、 広報文化部を広報部と文化部に独立させます。
広報部はHP活用案など作成し、長期的に、回期ごとに活用できる人材を育てます。
文化部は稜友コーラスほか、会員同士の教養、文化の授受作用を図ります。
今日の講演は皆さんご存知の奄美のトラさん、17回卒のは花井恒三氏にお願い致しました。本部総会の折に、2日間同行し、取材の様子や活躍ぶりを拝見し、感動しました。
豊富な内容にご期待ください。
 新執行部は、新しい顔ぶれで戸惑いも多いですが、それぞれの回期の仲間に支えられながら、総会の動員と内容の検討をしてきました。
2年間、力合わせて、心合わせて頑張りたいと思いますので温かいご指導、ご協力よろしくお願いします。
また出費多端な折、ご来賓、会員の皆様、ご寄付、広告ありがとうございました。
お忙しい中、足を運んでいただき、親交を深めてくださったご来賓・会員の皆様には心から感謝申し上げます。
 母校・大島高校の更なる発展と皆様が 心 平安な日々を送れますよう願いながら感謝をこめてご挨拶といたします。ありがとうございました。

先山会長 方針表明

2012/09 /15

母校への想いと回期の連帯感,協調性を強め、先輩・後輩の絆を大切にする。

【平成24年4月~26年3月までの執行部目標】

 1.役員会の充実

(1)役員の自覚(出欠の返事を出す)

(2)役員会の年間計画と案内を早めに出す。

(3)意見交換できる準備をして臨む(レジメ・議事録の準備)

2.執行部を回期で引き継ぐ流れにする。

(1)回期の結束力を強め、受け継ぐ自覚ができる。

(2)先輩から後輩へのスムーズな流れができる。

 3.相談役・幹事など役員の重複を整理

(1)顧問、相談役は回期のまとめ役も当然していただく。

 4.広報文化部を広報部と文化部に独立

(1)広報部の担当 

関西安陵会会員の皆様へ 久野 卓三郎(大高19回卒)

2010/11 /10

平成22年10月

久野 卓三郎(大高19回卒)

関西安陵会第21代栄俊彦会長の後を受けて平成22年4月から平成24年3月まで会長を務めさせていただきます久野 卓三郎と申します。卒業回期は大高19回で、出身は奄美市名瀬小宿です。関西安陵会のタスキは誰かが引き継ぎ次のランナーに引き渡す責務があると思い会長を引き受けました。
未熟者ではありますが、この2年間皆様のご協力のもと精一杯頑張って参る所存で御座います。どうか宜しくお願い申し上げます。関西安陵会は産声を上げて以来、今年で50周年を迎えます。
会を創立し維持発展させてきた先輩方に対し心から敬意を表します。また、会を継続させ発展させていく事の責任の重大さを身に染みて感じている次第です。
この2年間で若い世代が参加し易いような楽しく活気に溢れた会にしたいと考えています。ホームページ等を活用し広範に会員の和を広げていきたいと思います。関西安陵会が開かれた会として多くの会員に支えられていくよう共に頑張って参りたいと思います。
会員の皆様!ご協力を切にお願いします。出来るだけ会に参加して下さい。!!
安陵の絆を広げ、深めていきましょう!!!

ご挨拶  島田 勲(大高9回卒)

2010/11 /10

平成21年10月

島田 勲(大高9回卒)

平成14年度~15年度の1期間、会長を務めました大高9回卒の島田勲です。  平成12年度~13年度は前任の上原武次会長の下で幹事長として勤めました。 上原会長が2期の会長を務めた後に直ぐに会長をと先輩方から薦められたのですが、いきなり会長は務まりそうもないので、前任の上原会長の下で幹事長として勉強させてくださいということでお受けいたしました。したがって、2期4年間は執行部の中で深く関わらせて頂きました。                         上原会長の下で関西安陵会40周年記念として「会員名簿の発行」を行い、また第40回記念総会として実施しました。また、母校の百周年記念式典には関西安陵会からの多数の団体参加を実現することが出来ました。微力な私の会長一期は多くの皆様方からのご協力を得て何とか継ぐことが出来たと振り返っております。 その後、色々な工夫や取り組みがあり順調な進展発展がなされております。大変嬉しく思います。さらに新たな発展に期待しております。                                      世の中の状況は実に目まぐるしく移り変わろうとしておりますが、私たちの絆や私たちの思いは何時までも変わりません。大切にしていきたい。           関西安陵会50周年や母校の110周年を成功させるように頑張りましょう!!

ご挨拶  中井 和久(大高16回卒

2010/11 /10

平成21年8月

中井 和久(大高16回卒)

 平成16年から18年まででの2年間、関西安陵会会長をさせていただきました大高16回卒の中井です。現栄執行部(会長は14回卒)の前の執行部であります。島田執行部(同9回卒)の幹事長を1期2年務め、次期会長適任者選出に向けて島田先輩と共に、各卒業回期の方々へ選出、就任打診をお願いしました。「忙しい幹事長職をやっと降りられる」と踏んでの打診でしたが、コトはそう、うまくは運びません。会長の引き受けてが誰もいず、やむなく私が引き受けることになりました。会社勤め、神戸奄美会、関西名瀬連合会の世話役を同時併走しながらの会長就任でしたかバタバタッと慌しく過ぎた2年間でした。会長候補が多いことは会の活力にもつながります。「安陵会をこう改革する」という意志の下、多くの自薦他薦組がいることを望んでいます。

 大高は歴史的にみても、イメージ的にみても「男子の学校」です。でも長い間、男女共学の期間を経てきてます。世界を見回しても女性がトップである国も多くあります。関西安陵会にも出でよ。!女性会長。

ご挨拶  関西安陵会 会長 栄 俊彦

2010/11 /10

平成21年7月

関西安陵会 会長 栄 俊彦

 会員の皆さんと共に出席して楽しい関西安陵会にしましょう。
 

 第49回関西安陵会総会は、10月4日(日)、12時から、十三の「サンポード大楽新僑飯店で開催します。

 今回は、総会内容、配席などを検討し、総会時間を短縮して伝統ある雰囲気で交流を深めたいと考えております。

 このため、総会の運営には、今年の干支である丑年にあたる大中23回、大高7回、19、31、43、55回の皆様方が当番幹事としてご協力くださいますようお願い致します。