広報部便り – 関西安陵会

祝㊗️ 第58回関西安陵会の総会&懇親会

2018/10 /6

今年は 後輩達が 踊ります。 歌います そして弾きます ピアノ 三味線

10月7日  11時から開催

10時30分から 受付    ミニコンサート   10時30分から 奄美に彩

場所  阪神尼崎駅  都ホテル  アルカイック

当日 参加 できます  お待ちしています。

9月29日の執行部開催場所が変更になりました。

2018/09 /17

第58回関西安陵会の総会&懇親会まで、あと20日となりました。

役員や幹事の皆様には準備等に貴重な時間を費やしていただき、ありがとうございます。

開催場所が変更になりましたので、お知らせします。

・日時 9月29日(土) 18時

・場所 明けごころ 本店(3F)  最寄駅 JR京橋駅 歩3分  京阪電車 京橋  地下鉄 京橋

電話06-6351-1770 大阪市都島区東野田町3-10-6

※ 第58回総会&懇親会(10月7日)の最終会議となります。

※ 執行部ライングループにまだ繋がっていないメンバーについて

・会長又は幹事長にメールまたは☎で出欠の返事をお願いします。

前島 美千枝

 

 

「奄美の夕べin神戸」参加のお願いについて

2018/09 /6

「奄美の夕べin神戸」参加のお願い

会員の皆様へ

神戸奄美会が中心となり9月29日から30日に開催される「第4回奄美群島地域振興展」に合わせ、奄美市主催の「奄美の夕べin神戸」が下記の通り開催されることになっております。
関西安陵会員から一人でも多くの参加を募りたいと思っております。ご多忙のこととは存じますが、万障お繰り合わせの上、多数ご参加くださいますよう、ご案内方々お願い申し上げます。
開催内容
● 代表17蔵元の黒糖焼酎コーナー
● 奄美の食材コーナー(豚味噌・島らっきょ等)
● しま唄ミニライブ
● お楽しみ抽選会

  1. 日時 平成30年9月28日(金曜日)18:30~ (18:00受付)
  2. 会場 神戸飯店
    住所 神戸市長田区腕塚町5-5-1 アスタくにづか1番館3F
    電話番号 078-642-4839
    最寄駅:JR山陽本線 新長田駅 南口から徒歩4分
    神戸市営地下鉄 新長田駅 南口から徒歩4分
  3. 会費 6,000円

ご参加いただける場合は、9月19日(水曜日)までに、下記までご連絡くださいますようお願いいたします。
会長 前島 美千枝 090-6970-0891
幹事長 川上 憲二 090-4036-3611

会員の皆様、台風21号が四国・近畿地方を縦断しましたが大丈夫だったでしょうか。神戸・大阪では本当に甚大な被害が出たと思います。停電や断水などで大変なおもいをしている方もたくさおられると思います。復旧に多大なご苦労があると存じますが、心からお見舞い申し上げます。

投稿:広報部 昭和42年卒業 ― 久野 正和 ―

 

 

 

安陵サークル「語り場」の開催のご案内

2018/09 /2

安陵サークル「語り場」の開催のご案内

毎年恒例となっております「語り場」を下記の通り開催いたしますので、ご案内申し上げます。
万章お繰り合わせの上、ふるってご参加くださいますようお願いいたします。今回の語り人は、大津 和久(昭和54年卒業・名瀬出身)様にお願いいたしました。

  1. 日時 平成30年9月15日 (土曜日) 11時~13時30分
  2. 会場 さつまや
    住所 〒660-0883 尼崎市神田北通2-18 (阪神尼崎駅 北出口徒歩5分)
    電話番号 06-6411-5504
  3. 参加料 会員 1,500円 弁当・飲み物付 (学生無料)
  4. 語り人 大津 和久(名瀬出身) 昭和54年卒業
    大阪市消防局西淀川消防署救急担当指令
    テーマ題1 或る消防士の一日
    テーマ題2 意外と知らない?・わきゃシマ奄美のこと 
  5. 申し込み方法・連絡先
    会長  前島 美千枝 090-6970-0891
    幹事長 川上 憲二  090-4036-3611

投稿:広報部 昭和42年卒業 ―  久野 正和  ―

今年も団体優秀校、第23回全日本高校・大学生書道展。陳列は大阪市立美術館です。

2018/08 /8

7月12日(木) マイドームおおさかで第23回全日本高校・大学生書道展の審査が行われました。応募作品 10390点より 書道展大賞53点をはじめ各賞が決定しました。

今年も大島高校は団体優秀校に選ばれました。

後輩の書道は下記の場所にて陳列されています。
第23回全日本高校・大学生書道展は
・日時:8月21日~8月26日 9:30~17:00(入館は16時30分)
・大阪市立美術館 地下展覧会室 全室(無料)
大阪市天王寺区茶臼山町1-82 (天王寺公園内)
・作品 書道展大賞、書道展賞、優秀賞 合計1005点

授賞式

日時:8月26日正午より

場所:リーガロイヤルホテル 3階 ロイヤルホール

※ 授賞式終了後、同3階 光琳の間にて祝賀パーティーが開催されますので、

参加希望者は、関西安陵会の会長・幹事長に連絡をお願いします。         前島 美千枝

第58回関西安陵会総会・懇親会のご案内

2018/08 /5

平成30年8月4日(土曜日)大阪市立中央会館にて執行部・幹事の方々のご協力をいただきまして第58回関西安陵会総会・懇親会の案内状の発送作業(来賓の方々をも含めて約1,100名の方々へ)が無事終了いたしました。

(作業風景)画像をクリックしますと大きな画像が表示されます。

第58回関西安陵会総会・懇親会のご案内

  1. 日時 平成30年10月7日(日曜日)  開場 10時30分   開会11時
  2. 場所 都ホテルニューアルカイック
    尼崎市昭和通2-7-1     電話 06-6488-4777
    阪神電車尼崎駅から立体遊歩道にて徒歩約6分
  3. 詳細につきましては会員の皆様に郵送されました封書の案内状等でご確認いただきますようお願いいたします。

会員の皆様が一人でも多く、総会・懇親会にご出席くださいますようお願い申し上げまして、簡単ではありますが広報部からのご案内のメッセージとさせていただきます。
投稿者 広報部 昭和42年卒 - 久野 正和 -

第4回奄美群島高校関西同窓会連絡会のお知らせ

2018/07 /27

この連絡会は、各高校同窓会の連絡を密にし、相互の親睦を図り、各高校同窓会の発展に寄与することを目的としています。

・代表世話人 中井和久(安陵会)   ・事務局 先山 和子(安陵会)

・代表幹事⇒各同窓会の会長が担当  ・幹事⇒各同窓会より数名担当

・日時:8月26日(日)  12:00~15:30 (受付 11:30~)

・場所:道頓堀ホテル   地下鉄 御堂筋線 なんば駅 25番出口 徒歩5分

・ 06-6213-9050

・会費:男性・女性 5000円

  参加者は関西安陵会から封筒に記載されている会長又は幹事長に連絡をお願いします。

  参加希望者は8月15日までに連絡をお願いします。

分責  前島 美千枝

 

 

三輪山(奈良県桜井市)周辺のハイキングサークル活動報告

2018/07 /25

画像をクリックしますと大きな画像が表示できます

山崎 史良副会長(昭和42年卒)さんの発起により平成30年5月20日(日曜日)三輪山周辺のハイキングを実施いたしました。
JR桜井線 三輪山駅に11時30分集合、16時解散の予定にて実施されました。天気も大変よくすがすがしい中、前島 美千枝会長(昭和45年卒)を含む9名の方々が各自弁当持参で参加されました。
引率役(講師)として、築島 俊考(昭和42年卒:名張市在住)さんが、その場所場所にて詳しく説明なされました。特に一般の参拝者では観ることが出来ない大神神社の裏側にある「三つ鳥居}を宮司さんの案内で見学することが出来また説明をなされてくれました。神社の休憩所で皆一緒に各自が持参した弁当を開きました。
日本書紀にその名が残る「山の辺の道」沿いに、関ヶ原の戦いの最中薩摩藩士立ち寄ったとされる平等院~桧原神社~景行天皇陵~解散場所である巻向駅まで予定通りの時間で散策しました。無人である巻向駅で電車の待ち時間で一緒になった「老夫婦」との話で我々以上に万歩計が多いとの話を聞き感服いたしました。もっと頑張らなくちゃと思いました。
次回は紅葉の時期(11月頃に)山崎副会長さんがイベントを考えておられますので関西安陵会員の親睦を深めたいと思いますので多くの参加をお待ちしております。
投稿:広報部 昭和42年卒 ー  久野 正和  ー

※ このイベントに参加するにあたって
私自身「万葉集」に少し興味があって犬養 孝先生著の「万葉の旅・上巻」を持って17㎞ある桜井駅から天理駅まで季節季節の「山の辺の道」を、また万葉歌碑を確認しながら一人で何度も歩いたものでした。
「三輪山を しかも隠すか 雲だにも 心あらなも 隠さふべしや」(万葉集巻 1-18 作者:額田王)。今から約1350年前 額田王(ぬかたのおおきみ)が天智天皇代の住み慣れた明日香の宮から近江の宮に遷るとき(近江遷都)この山の辺の道の途中、三輪山を懐かしみ振り向いて詠まれた歌(山上 憶良の類聚歌林による)との前知識をもってこの「山の辺の道」から古代の雰囲気を感じながら、同じ「三輪山」を眺めたものでした。今はこの道を一人で歩くことはあまりありませんが、「明日香村稲渕の棚田の彼岸花➡飛鳥川の飛び石」の撮影は毎年行っています。

万葉集4,540歌の中で二番目に好きな歌。
「明日香川 瀬々に玉藻 生ひたれど しがらみあれば 靡きあわなくに」(万葉集巻7-1384 作者:未詳)
一番好きな歌 万葉集最後の歌巻20-4540 「大伴 家持」作の歌です。