稲すり節 総会で皆さん いっしょにおどりましょう。 – 関西安陵会 

稲すり節 総会で皆さん いっしょにおどりましょう。

2019/08 /7

稲すり節です。

総会で皆さん いっしょにおどりましょう。

  1.  気張てぃすりすり 娘 達
    すりば一斗冠めらしゅんど

     稲すりすりよ 粗籾選り選りよ
  2.  何石ぬ米もすてど 減ならしゅる
     稲すりすりよ 粗籾選り選りよ
  3.  粟ぬゆらりゅみ 米どゆらりゅんど
     稲すりすりよ 粗籾選り選りよ
  4.  米ぬゆらりゅみ 粟どゆらりゅんど
     粟選り選れよ 米すりすりよ
  5.  今年世が富年米や粟ぬ出来たんど 
     粟選り選れよ 米すりすりよ※ 「稲摺節」は、もともと籾を摺るときの作業風景を踊りで表現する仕事歌である。踊りは、昔の稲の収穫から脱穀、粗籾摺り等々の一連の所作が振り付けられ、男女がそれぞれの作業工程の役柄につき面白おかしく表現する。実に軽快で愉快な光景が繰り広げられる。奄美全土で行われており、集団による一大余興である。若い男女がこの余興を利用して、結婚の機会を作る「歌垣」のようなものに利用していたのでしょうか?
    昨年の安陵会での様子。

    この歌詞は文化副部長の浅原 恵子(42年卒業)さんのご協力をいただきました。