第149回九州地区大会 初戦の勝利報告 – 関西安陵会 

第149回九州地区大会 初戦の勝利報告

2021/11 /8

      大島高校野球部 九州高校秋季大会 初戦を勝利 !!!

大島高校は、11月6日(土曜日)より開催されている九州地区大会の初戦で、同日に鴨池市民球場の第2試合で、大分県代表の大分舞鶴高校(大分第2位)と対戦しました。降雨の中での試合は、一進一退の攻防で延長10回が終わって4対4で決着がつかず、降雨のため引き分け再試合となりました。
 応援席は、大高の3塁側アルプススタンドでは収容できず、外野席も大高を応援する人たちに開放され、夏の県大会予選でもなかった、多くの人の応援がありました。

 再試合は翌日7日(日曜日)、16時から平和リース球場で開催され、途中ナイターになるなどのお互いに慣れないグランド状況、かつ緊迫したゲーム展開の中、大高は1回裏に2点先取しましたが、2回裏同点に追いつかれました。両チームともチャンスはありましたが、両投手の好投と堅守で追加点が奪えない中、大高は、7回裏2死満塁から相手投手のボークで1点を勝ち越し、大野投手の力投と堅守で逃げ切り、3対2で勝利しました。
 接戦に強い大高の本領発揮、すごい後輩たちに拍手喝采です

        クリックすると大きな画像が表示されます

次戦の準々決勝は、初戦で日章学園(宮崎第2位)を5対0で下した、興南(沖縄第1位)との対戦です。勝てば甲子園です。(※センバツ出場枠:九州地区=4枠)
9日(火曜日) 10時 平和リース球場で開始予定です。

 

       文:関西安陵会 会長 昭和46年卒  川上 憲二
       投稿・写真提供 広報部昭和42年卒  久野 正和