還暦記念全国同窓会に参加して 大高20回卒 松元 弘敞 – 関西安陵会 

還暦記念全国同窓会に参加して 大高20回卒 松元 弘敞

2010/11 /9

奄美在住の1組から9組の実行委員を中心に諸準備か進められた還暦同窓会は、10月10日当日の出席は、193名の同窓生と、4名の恩師、現校長。教頭と多人数で大盛会のうちに終了した。

同窓会の内容は、スライドショーにはじまり、開会宣言、黙祷、校歌斉唱、委員長挨拶、恩師紹介と続き、母校への記念品贈呈を行い、祝唄、祝舞、乾杯、そして歓談と進行した。しばしの歓談のうちに余興が始まった。余興は、踊り、島唄、大高応援歌、高校三年生、六調とつづき、最後に藤山萬太先生の音頭による万歳三唱で幕を閉じた。

解散後の二次会は卒業当時のクラス毎に場所を変えて行われた。名瀬の町は深夜まで、朝方まで久方ぶりの再会に積る話の花が咲いていた模様です。

また前日9日には、各クラス会や、名瀬中学、金久中学の還暦同窓会も開催されていました。さらに還暦記念オプションとして「虚子俳句歩く鎌倉」「母校訪問」「草木染め体験」「南部瀬戸内ツアー」「還暦記念ゴルフコンベ」などが開催された。

還暦同窓会を成功裡に導いた実行委員に感謝するとともに参加者や参加できなかった仲間の今後の健康とご多幸を願い、何かの機会での再会を祈り、報告と感想としたい。

大高20回卒 松元 弘敞